ワタシ的”Give”の時代の終わり

ワタシ的”Give”の時代の終わり

【奥田浩美ブログ】

特に誰に向けて書いたというものでもなく、この時代に同じような気持ちの人がいたら同じ気持ちを”そこ”で感じてほしい。

ポエムと思う人がいてもいいし、慟哭と思う人がいてもいい。



幼い頃から鈍感なふりをして生きてきた
私には人のいろんなものが見えるのに
鈍感なふりをしないと心が壊れると思った

共感の時代というものが来て
共感できることが評価されるようになると
少しだけ自分の敏感な感覚を解き放った
解き放つと私には人の本質が見えて
すべての人の良いところも引き出せて
それが評価されて
多くのものがやってきた
多くのものがやってきて、
私に評価や人脈や富をもたらした

敏感になって人に共感し人の役に立ったぶん
なぜだか私は自分の羽のようなものを
奪われた気がしていたので
代わりにやってきた評価や人脈や富を受け取った
受け取ると豊かになるような気がしたけれど
私は豊かにならなかった

羽はどんどんむしられて
もっと!もっと!と時代に鼓舞され
自分の敏感な感覚は共感の時代の「商品」となった

ある日ふと気づいた

本当は豊かだったのは私そのものだった

何も与えなくても完全な私
何もしなくても私が「ここ」に生きていることが豊かなことだった

今の社会での「共感すること」として奪われるものは
”Give”という表現で、もてはやされたけれども
”Give”は私にとって本質ではなかったし
”Give”によって循環して戻ってきたものは
私がほしかったそれではなく、
古い価値観に基づくものだった

もう私の世界で”Give”から始まる時代は終わった

私からあなたへ与えるのではなくて
私の中にあるものも変わらず
あなたの中にあるものも変わらない状態で
重なり合って感じるもの

それが私が心の本質として考える共感だ

私は「ここ」から動かない
もう人のために自分の場所から動かない

それでも私は「ここ」からあなたを感じられるし
あなたは本当は「ここ」の私を感じられるはずだ


画像はHSP診断のわたしの結果。

だけど、私の真の繊細さはHSPというもので計れるものでもないとも思っているし(HSPにどこか否定的な私もいる)、繊細さを行動に出せるのはまだまだ軽度だと思う。繊細さが極まると行動は鈍感に見せるまで研ぎ澄ます。

分かる人には分かるでしょう。

 

Related Posts